Windows7の「システムの保護」と「データファイルの保護」の仕方・方法

豆知識ネット


ディレクトリ検索

Windows7の操作・設定・変更編

システムの保護機能の概要

Windows7での「システムの保護」機能は、あらかじめドライブを保護対象に設定しておけば、システムやデータファイルを復元できる機能です。
※バックアップではありません。

初期設定ではWindows7がインストールされているドライブは「システムの保護」の対象になっています。

システムの保護機能の確認と変更の仕方・方法

コントロールパネル→システム→「システムの保護」をクリックすると「システムのプロパティ」ダイアログボックスが表示され、「システムの保護」タブから各種設定を行います。
【画像1】

また、システム保護タブでの設定は、「システムに対する保護(システムの復元)」及び「データファイルに対する保護(シャドウコピー)」の両方が対象です。

詳細設定の確認は「システムのプロパティ」内(画像1)の「利用できるドライブ」にある対象ドライブを選択している事を確認して「構成」をクリック!
【画像2】

「システム保護対象」が表示されますので確認や変更をする事が出来ます。
復元ポイント」で使用するディスク領域の使用量も設定変更する事が出来ます。

データファイルの復元の仕方・方法

システムドライブ以外のドライブに対しても「システムの保護」を設定して「データファイルの保護(シャドウコピー)」を有効にしたい場合には「システムのプロパティ」(画像1)ダイアログボックスの「システムの保護」タブで設定したいドライブを選択して「構成」をクリックします。

「システム保護対象」ダイアログボックスが表示されるので「設定の復元」で「ファイルの以前のバージョンのみを復元する」を選びます。
また、領域の使用量も任意のサイズを設定します。

復元ポイントの作成の仕方・方法

システムまたはデータファイルを復元するには「復元ポイント」があらかじめドライブ内に作成されていなければなりません。
※通常はWindow7が自動で作成しています。

手動で「復元ポイント」を作成する事もできます。
システムのプロパティ(画像1)内の[システムの保護]タブにある「作成」を押すと、「システムの保護」ダイアログボックスが表示されますので、復元ポイントの任意の名前を入力して「作成」をクリックします。
※通常、復元ポイントを利用する際にわかりやすいように日付の後に「〜インストール前」などがオススメです。
復元ポイント作成の詳細

ワンポイント

システムの保護機能はあくまで保護であり、システム・データのバックアップではありません。基本、同じドライブに保持するのでクラッシュした場合は復元は難しく、システム・データ共に外付けハードディスクなどへバックアップをとる事を強くオススメします。

ブックマーク

はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加