Windows7によるシステムの復元の仕方・方法

豆知識ネット


ディレクトリ検索

Windows7のトラブルの解決編

システムの復元の概要

なんらかの理由でトラブルが起きた場合に、不具合前の状態に戻すことで改善される場合があります。

システムの復元とは、事前に作成されている復元ポイントまでWindowsのシステムを戻す機能です。

※一般的には新しいプログラム(アプリケーションなど)やドライバーをインストールするとシステムの不具合が発生することがあります。
また、「システムの復元」で復元されるのはシステムファイルだけですのでデータファイルが削除されることはありません。

システムの復元の仕方・方法

スタートからすべてのプログラムを選び「アクセサリ」→「システムツール」から「システムの復元」を選びます。
【画像1】


「システムの復元」ウィンドウが表示されます。
【画像2】

メッセージを確認後、引き続き「システムの復元」を行う場合は「次へ」。
※使用される環境で表示される項目が違います。「推奨される復元」という項目が表示された場合には内容を確認の上、その復元ポイントを選ぶ事をオススメします。

【画像3】

どの復元ポイントを使ってシステムを復元するのかを選択します。
「次へ」をクリック
※「推奨される復元」が表示されなかった場合や自分で復元ポイントを指定する場合には、問題が起こった直前の復元ポイントを指定するのが一般的です。

後はメッセージに従っていくだけです。
「システムの復元が正常に完了しました」とメッセージが表示されたら完了。

手動でシステムの復元ポイントを作成

通常、システムの復元ポントは自動で作成されますが、手動でも作成することができます。

コントロールパネルの「システムとセキュリティ」をクリック!
【画像4】


【画像5】

「システム」ウィンドウが表示されたら左のメニューの「システムの保護」をクリック

【画像6】

「システムのプロパティ」が表示されたらOSがインストールされているドライブを選択し、復元ポイントを今すぐ「作成」ボタンを押す。

【画像7】

実際に使用する場合に識別できる名前を入力し「作成」ボタンを押す。

【画像3】の復元ポイントの一覧に追加されます。

ワンポイント

【画像3】の右下にある「影響を受けるプログラムの検出」で、復元すると削除されるプログラムやドライバーを表示することができます。

ブックマーク

はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加