Windows7の付箋の活用と使い方

豆知識ネット


ディレクトリ検索

Windows7のアプリケーション編

Windows7の付箋の概要

付箋とは、Windows7のアクセサリの一つでデスクトップに張り付ける事のできるアプリケーションです。
この付箋には単純なテキスト以外に装飾文字やURLを張り付ける事も出来ます。

付箋の活用と使い方

スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→付箋の順にクリックして起動します。
【画像1】


【画像2】

付箋は任意のサイズに変更することができます。
また、左上の「+」は新しい付箋の追加で、右上の「x」は付箋の削除になります。
付箋がアクティブな状態で「[Ctrl]+ N 」を押しても新しい付箋の追加ができます。(ショートカット)

付箋の記述部分を右クリックすれば付箋自体の色などのカスタマイズも可能!
【画像3】

入力したテキストを選択して、右クリックすれば文字の色の装飾もできます。

装飾の仕方・方法
入力したテキストを選択した状態で下記を行う
太字:Ctrl + B
斜体:Ctrl + I
下線:Ctrl + U
取り消し線:Ctrl + T
文字サイズの拡大:Ctrl + Shift + >
文字サイズの縮小:Ctrl + Shift + <

※入力済みのテキストを箇条書きにする事も出来ます。
箇条書きにしたい複数行を選択し、「Ctrl + Shift + L」を押す。
「Ctrl + Shift + L」を押す度に行頭文字が変更します。

付箋データの保存先
付箋のデータは「C:¥ユーザー¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥
Sticky Notes」内の「StickyNotes.snt」に保存されます。

注)保存ファイルを参照する際は「隠しファイルと隠しフォルダーを表示する」を「ON」に設定にしておく事が必要です。

ワンポイント

付箋は直接、文字入力できる他にテキストのコピー・ペーストや「http:://〜」から始まるURLもリンク形式で張り付ける事ができ、リンク形式で張り付けたURLは[Ctrl]を押しながらクリックするとリンク先をブラウザで表示します。

ブックマーク

はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加