「Windows Live ムービーメーカー」と「Windows DVD メーカー」を使ってオリジナルなDVDを作成しよう♪

豆知識ネット


ディレクトリ検索

Windows7のアプリケーション編

Windows Live ムービーメーカーの概要

Windows Live ムービーメーカーを利用することで、パソコン内の複数の映像ファイルをDVDに書き出し「オリジナルDVD」を作成する事が出来ます。
しかし、利用するには個々でダウンロード・インストールをする必要があります。
無償でWindows Live Essentialsからインストールします。

※動画の他にも静止画(写真)をスライドしながらお気に入りの音楽を流す事も出来ます。写真を追加したら「音楽の追加」ボタンから追加できます。

Windows Live ムービーメーカーの使い方

Windows Live ムービーメーカーを立ち上げて、「ビデオおよび写真の追加」をクリック!
【画像1】


追加したい映像ファイル(動画・静止画)を選択します。
Ctrl キーを押しながら選択すると複数選ぶこともでき、選択が終わったら右下の「開く」をクリック!

右上の「DVDへの書き込み」ボタンをクリック(DVDアイコン)
【画像2】


まずは、複数の映像ファイルを一つのファイルとして保存しますのでファイル名を入力して「保存」します。


保存が終了すると「Windows DVD メーカー」が起動します。

※先程、作成したファイルが選択されている事を確認、右下の「次へ」をクリック!

ここで選択したメニュースタイルで、オリジナルDVDの仕上がりのイメージが変わってきますので内容にあったスタイルを選びましょう。
メニューのスタイルを一覧から選び「書き込み」をクリック!


下記のメッセージが表示されたらDVDを挿入します。

DVDへの書き込みが始まります。

書き込みが終了したら完了です。
複製を作成するかメッセージが表示される場合がありますが任意です。
これでオリジナルなDVDが出来ていると思います。

ワンポイント

DVDの作成が終わると「Windows DVD メーカー」の画面に戻ります。
「閉じる」ボタンをクリックすると、「プロジェクトの保存」の確認画面が表示されますが、再度、このプロジェクトを使用して複製を作成する場合には保存しておいて、次回にプロジェクトを呼び出して「書き込み」をクリックするだけで複製が出来上がります。

ブックマーク

はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加