Windows7でのファイル名を指定して実行の仕方・方法

豆知識ネット


ディレクトリ検索

Windows7の豆知識

ファイル名を指定して実行の概要

Windowsには「ファイル名を指定して実行」という機能があります。
「ファイル名を指定して実行」とは、アイコンをクリックするのではなくコマンドを直接入力してプログラム(アプリケーションなど)を実行する機能

また、通常のアイコンをクリックするやり方では実行できない機能もありますので覚えておいて損はありません。

コマンド一覧の一例
notepad・・・メモ帳
write・・・ワードパッド
calc・・・電卓
msinfo32・・・システム情報
msconfig・・・システム構成ユーティリティ
taskmgr・・・Windows タスクマネージャー
regedit・・・レジストリエディタ
regedit32・・・レジストリエディタ
cmd・・・コマンドプロンプト
telnet・・・telnetクライアント
iexplore・・・インターネットエクスプローラー
explorer・・・Windows エクスプローラー
charmap・・・文字コード表
SHUTDOWN/S・・・メッセージ表示後にシャットダウン(電源OFF)
SHUTDOWN/R・・・再起動
SHUTDOWN/H・・・休止状態
SHUTDOWN/T[秒数]・・・タイムアウトの秒数指定
SHUTDOWN/A・・・シャットダウンのキャンセル(メッセージ表示中)

その他にパソコンにOfficeがインストールされていればエクセルなら excel・ワードなら winword・パワーポイントなら powerpntなどもそれぞれ起動します。
アプリケーションソフトを起動する場合には、そもそもパソコンにインストールされていなとコマンドで実行しても起動しませんので注意して下さい。

ファイル名を指定して実行の手順

スタートメニューのすべてのプログラムから「アクセサリ」→「ファイル名を指定して実行」の順にクリック!
【画像1】


下記のような「ファイル名を指定して実行」のダイアログボックスが表示されます。
【画像2】

名前のところに任意のコマンドを直接入力して「OK」を押すと実行されます。

ファイル名を指定して実行の表示

スタートをクリックしたら表示されるメニューに「ファイル名を指定して実行」を表示させることも可能です。
デスクトップの左下のスタートマーク(Windowsのマーク)を右クリックで表示されるプロパティをクリックします。

「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」ウィンドウが表示されます。
【画像3】

右上の「カスタマイズ」ボタンを押します。

「[スタート]メニューのカスタマイズ」ウィンドウが表示されます。
【画像4】

[ファイル名を指定して実行]コマンドの項目の個所をチェックマークをつけて「OK」ボタンを押す。

【画像3】に戻ってきますので再度「OK」ボタンを押します。

スタートをクリックすると表示されるメニューの右側に「ファイル名を指定して実行」が追加されている事を確認して下さい。

ワンポイント

上記以外の方法に便利なショートカットキーがあります。「ウィンドウズキー + R キー」でも「ファイル名を指定して実行」が起動します。

ブックマーク

はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加