Windows7の「システム回復オプション」を利用した修復と復元の仕方・方法

豆知識ネット


ディレクトリ検索

Windows7のトラブルの解決編

修復と復元の概要

Windows7には「システム回復オプション」などの様々な問題解決の修復ツールが用意されています。

「システム回復オプション」を起動するには、セーフモードの起動と同じくWindows7の起動時にロゴマークが表示される手前から「F8」を押し続けます。

「詳細ブートオプション」が表示されますので、カーソルキーで「コンピューターの修復」を選択して Enter を押します。
その後はウィザードに表示される指示に従い、キーボードの種類やユーザー名・パスワードなどの入力を行うと「システム回復オプション」が起動します。

【注意】
通常、Windows7の起動ドライブは「Cドライブ」が割り当てられていますが、「詳細ブートオプション」では、別のドライブ文字が割り当てられているので「Cドライブ」とはなりません。
コマンドプロンプトで操作を行う場合には特に注意して下さい。

システム回復オプションの種類

「システム回復オプション」には、スタートアップ修復・システムの復元・システムイメージの回復・Windowsメモリ診断・コマンドプロンプトがあります。

【スタートアップ修復】
Windows7がなんらかの不具合で起動しなくなった場合に利用します。
システムの起動における問題を確認して、windows7が正常に起動できるよう試みます。

【システムの復元】
システムの復元」で作成した「復元ポイント」を利用して復元します。
「システム回復オプション」からではなくても「システムの復元」は可能ですがシステムが不安定な場合や起動しない場合には、こちらから「システムの復元」がオススメです。

【システムイメージの回復】
コントロールパネルの「バックアップと復元」内の「システムイメージの作成」で作成した「システムイメージのバックアップ」をリカバリします。
もちろんリカバリはコントロールパネルの「バックアップと復元」からも実行できますが、「システム回復オプション」の「システムイメージの回復」はWindows7が起動しなくても実行できます。

【Windowsメモリ診断】
パソコンに搭載されている物理メモリを診断します。
この診断はメモリに負荷をかけた上で、データの読み書きに問題がないかを診断します。
コントロールパネルの「管理ツール」かれでも実行できます。
※メモリを増設した場合には不具合がでる前に実行しておきましょう。

【コマンドプロンプト】
Windows7のコマンドプロンプトはUSBメモリやUSBハードディスクなどにアクセスできるのでWindows7が起動できない場合にもデータを吸い出すことが可能になります。
[XCOPY]などのコマンドを利用すればハードディスク内のデータを吸い出す事も可能です。

ワンポイント

起動領域にトラブルを抱えている場合には「システム回復オプション」が起動できない可能性があります。その場合にはディスクから起動します。
システム修復ディスク」もしくは「Windows7セットアップDVD」を光学ドライブにセットすると、どちらもウィザード形式で進めていき「システム回復オプション」が起動できます。

ブックマーク

はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加