Windows7でのファイルのバックアップの設定の仕方・方法

豆知識ネット


ディレクトリ検索

Windows7の設定・変更編

バックアップの概要

トラブルがあって重要なファイルを失う恐れがあるので、常にバックアップをとって復元できるようにする必要があります。
また、Windows7のバックアップ機能には自動と手動があります。

※バックアップ先は外付けのドライブまたはDVD-Rなどのメディアがオススメ。

バックアップの設定

コントロールパネルの「システムとセキュリティ」をクリック!
【画像1】


【画像2】

「バックアップと復元」をクリック!

【画像3】

「バックアップの設定」をクリック!

【画像4】

バックアップ先(保存先)を選び「次へ」を押す。

【画像5】

バックアップ対象を自分で選ぶ場合には「自分で選択する」を選び「次へ」を押す。

【画像6】

「自分で選択する」を選んだ場合は、ファイルの選択画面が表示されるので選び「次へ」を押す。

バックアップの最終確認画面が表示されるので、保存先・バックアップ対象を確認したら「設定を保存してバックアップを実行」をクリック!

バックアップが開始されます。

バックアップが終了すると履歴が表示されます。
右上の「閉じる」(ペケ)で終了です。

ワンポイント

バックアップはスケジュール管理で自動で行うこともできます。
バックアップの頻度・曜日・時刻を設定できます。

ブックマーク

はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加