不要なファイルを削除-ディスククリーンアップ-

豆知識ネット


ディレクトリ検索

Windowsの高速化・最適化

アプリケーションなどを起動すると「テンポラリ」という一時ファイルを作成します。

一時ファイルは作業が終われば不要となるファイルですが、ほとんどの場合は消去されずにハードディスクに蓄積されていきます。
その他にキャッシュファイルなどもハードディスクに蓄積されていきますので、これらを「一括で削除できるのがディスククリーンアップ」です。

ディスククリーンアップの仕方・方法

スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→システムツール→「ディスククリーンアップ」の順にクリックします。
【画像1】


「ディスククリーンアップ」のダイアログボックスが表示されます。
【画像2】

ディスククリーンアップを実行するドライブを選択し「OK」をクリック!

「削除するファイル一覧」が表示されますので任意に削除するファイルにチェックをつけて「OK」をクリック!
【画像3】


※定期的にディスククリーンアップを実行しない場合、不要なファイルが1Gも蓄積されることがあります。

ワンポイント

パソコンが突然に不具合が生じた場合、この一時ファイルに不具合を起こすファイルが存在している可能性もあります。
トラブルが改善される可能性もあるので一度、一時ファイルを削除して再起動してみて下さい。

ブックマーク

はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加