ガジェットの無効化・停止

豆知識ネット


ディレクトリ検索

Windowsの高速化・最適化

Windows7での魅力の一つとしてガジェットがあります。
ですが、このガジェットを利用するとメモリの負荷が高く、またCPUのリソースも消費され結果としてパフォーマンスに影響を与えているかもしれません。
仕事場などパフォーマンスが必要な環境では、このような機能は不要と判断すれば「停止・無効」にできます。

ガジェットの無効化・停止の手順

コントロールパネルの「プログラムと機能」をクリックします。
【画像1】

Windowsの機能の有効化または無効化」をクリック!

「Windowsの機能」のダイアログボックスが表示されます。
【画像2】

「Windowsガジェットプラットフォーム」のチェックボックスをオフにすれば「ガジェット機能が無効化・停止」します。

※デスクトップでマウスを右クリックしたら表示されていた「ガジェット」が表示されなくなります。

ワンポイント

ガジェットのメモリ使用量は、タスクマネージャー[プロセス]タブの「sidebar.exe」で確認できます。 起動しているガジェットの種類や数にもよりますが比較的メモリの使用量が高いのも存在します。

ブックマーク

はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加