Windows転送ツール - Windows7編

豆知識ネット


ディレクトリ検索

Windows7の雑学・豆知識

Windows転送ツール

Windows転送ツール」とは、Windows7に標準に付属されているソフトで、画面の指示にしたがっていくだけでドキュメントファイルはもちろん音楽・画像(写真)・ビデオ・インターネットの接続環境やメールのデータ・アドレスなどの引越が完了するプログラム(ソフト)です。
※Windows転送ツールを使用すれば簡単に確実に引越作業がほとんど完了しますが、使用環境によっては引っ越しできないデータもあるので確認が必要です。
※Windows XP や vistaにも同名の「Windows転送ツール」がありますが、これは vista に転送するためのものであり、Windows7への移行には使用できません。そのため XP や vista から Windows7 のインストールDVDを起動する必要があります。

【主に引越ができるもの】
・WordやExcelまたは画像・音楽・ビデオなどのデータ
・メール関連の設定ファイル及びアドレス帳など
・Windowsの各種設定ファイル
・インターネット関連の設定ファイル及びお気に入りや履歴情報など

Windows転送ツールの起動

左下のウィンドウズマークのスタートボタンをクリック!
「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」の順にクリックすると下記の画像が表示されます。


表示された項目から「Windows転送ツール」をクリックすると起動しますが、管理者権限でログインしていないと先に進めません。
管理者権限でない場合は、ダイアログボックスで「管理者でログオンしてから、再試行して下さい。」と表示されますので管理者として再ログインして下さい。

Windows転送ツールが起動します。

内容を確認して「次へ」をクリック


お勧めは外付けハードディスクですが、転送する方法はお好みでいいです。


転送元・転送先を考慮してクリックします。

ワンポイント

Windows(OS)に標準で添付されている Internet Explorer などのアプリケーションソフトそのものは引越する必要はありません。

ブックマーク

はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加