上書きアップグレードの引っ越しの仕方・方法 - Windows7編

豆知識ネット


ディレクトリ検索

Windows7の雑学・豆知識

上書きアップグレードの基礎

上書きインストールする前に、データのバックアップをとっておく事をお勧めします。

基本的に、上書きインストール(アップグレード)の場合はデータはそのまま残るのが通常ですが、どんなトラブルがあるかわかりませんのでアップグレードの場合だけでなくデータのバックアップは定期的にとっておくことをオススメします。

旧OSがXPの場合は、新規インストールのみ可能で、vistaでも種類によっては新規インストールしかできない場合もあります。
その場合は、OS環境はもちろんデータも残りませんので必ずバックアップはとっておいて下さい。

上書きアップグレードの引っ越しの仕方・方法

旧 OS のパソコンが起動後に、Windows7 のインストールDVDを挿入します。
画面の指示にしたがって進めるだけでアップグレードが完了します。

指示にしたがって進めていくと「アップグレード」もしくは「新規インストール」なのかの選択画面が表示されますので「アップグレード」をクリックします。

※DVDを挿入しても自動再生されない場合には、「setup.exeの実行」をクリックすると開始されます。

データのバックアップには、Windows転送ツールを利用して作業を進めるのが簡単で確実です。

【新規インストールによるアップグレード】
ハードディスクをフォーマットしないかぎり、新規インストールによるアップグレードをしても「Windows.old」というフォルダ名でアップグレード前のファイルが残るのでデータを取り出す事が可能です。
ただし、Windows7 にした事で以前と環境が異なるのでアプリケーションの起動など不具合がでる可能性もあるので外付けハードディスクなUSBメモリなどにバックアップをとっておくことをオススメします。

ライセンス解除が必要なソフト(アドビシステムズ社など)がある場合には必ず新規インストールする前に「ライセンスの解除」を行ってからインストールして下さい。
解除をおこなわずインストールしてしまうと Windows7 では、ソフトが認証されず使用できなくなる可能性があります。

ワンポイント

アップグレードされるのは Windows という OS の環境だけですのでデータ等には影響ありませんが、周辺機器のドライバなどは windows7 に対応させる必要があります。(周辺機器のメーカーのホームページよりダウンロード)

ブックマーク

はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加