メールの引っ越しの手順・方法と注意点 - Windows7編

豆知識ネット


ディレクトリ検索

Windows7の豆知識

メールの引っ越しの手順・方法と注意点

Windows7 には、標準でメールソフトは提供されていません。
XP・VistaでOutlook Express や Windowsメールを使用していた方は Windows7 環境からマイクロソフトが提供する「Windows Live メール」をダウンロードして利用する事になります。

Windows転送ツールを利用して Outlook Express や Windowsメールのデータや設定を Windows Live メール に移す事が簡単にできますが、読み込みは「Windows Live メール」の初回起動時だけしか行われません。
※Windows転送ツールを利用しないで手動でも引っ越しは可能ですですが、Windows7の新規インストール前にデータ・アカウント・アドレス帳などのバックアップも手動で行なう必要があります。

「Thunderbird」など他のメールソフトを使用している場合には、Windows転送ツールは使用できないので新規インストール前にバックアップをとっておく必要があります。

手作業でのバックアップの仕方・方法
アカウント・データ(送受信した内容)・アドレス帳を手作業でバックアップをとってから Windows7 をインストール後にバックアップデータをインポートします。

Outlook Express や Windowsメールから下記の3つをバックアップします。
アカウントはメニューのツールからエクスポートします。
アドレス帳はメニューのファイルからエクスポートを選びアドレス帳をクリックします。
データはツールのメンテナンスから「保存フォルダー」ボタンをクリックすると保存先が表示されますので全てを選択後にコピーをして「マイコンピュータ」のアドレスバーに貼り付け(ペースト)して「移動」をクリックすると保存フォルダーの内容が表示されますので全てをバックアップします。

ワンポイント

Windowsのアカウントやメールのアカウントを複数のユーザー(アカウント)で使っていた場合には、それぞれ同じ手順でバックアップの必要があります。

ブックマーク

はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加