失敗しないパソコンの引っ越し - Windows7編

豆知識ネット


ディレクトリ検索

Windows7の豆知識

失敗しないパソコンの引っ越し

パソコンの引っ越しの方法は大きく分けて二つあります。

1.パソコンを新規に購入し、古いパソコン(Windows XP または Vista) → 新しいパソコン(Windows7)へ移行する場合

2.既存のパソコンの OS をアップグレードする場合
※上書きするパソコンが Windows7 のシステム要件をみたしているのか確認が必要です。
※既存のパソコンを使用する場合にも上書きなのか新規インストールなのか判断しなければなりません。
上書きの場合は原則、データやその他のファイルは現状維持ですので引越をする必要はありませんが、念の為に外付けダハードディスク・USBメモリなどへデータのバックアップをとっておいた方が無難です。

現在のパソコンの OS の種類によっては、上書きは不可能で、新規インストールしかできない場合もあります。
また、パソコンが Windows7 のシステム要件をみたしているのか確認!
※システム要件に関係なく XP は、新規インストールのみ可能です。
OS の種類の確認方法とシステム要件

Windows7の機能のひとつ「Windows転送ツール」は便利な引越ツールです。

メールソフト・Windowsムービーメーカー・Windowsフォトギャラリーなどは、Windows7には標準で添付されいないのでWindows Live Essentialsよりインストールして下さい。

失敗しない引っ越しの基礎知識

新規にパソコンを購入した場合や既存のパソコンに上書きする場合も引っ越しするには、外付けハードディスクを利用して「Windows転送ツール」を使用した方法が簡単で確実です。
※上書きの場合でも「外付けハードディスク」を利用するのは万が一のトラブルの為のバックアップです。

引っ越しの前準備として、ディスクの整理をしておきましょう。
アプリケーションの起動やアップデートなどにより、パソコンは知らない間に不要なデータが蓄積されるものですので、不要なデータを削除しましょう。
[アクセス]→[システムツール]→[ディスククリーンアップ]から起動します。
後はメッセージに従って実行するだけです。

データ引っ越し時には、Windows update やセキュリティソフト(ウィルス)など、自動的にアップデートやスキャンが始まるとどんな不具合が発生するかわかりませんので切っておいた方が無難です。

ワンポイント

特に国内メーカーのパソコンには、メーカー独自のアプリケーションがインストールされていることがあります。その場合、上書きアップグレードしたら付属のアプリケーションが使用できなくなる場合もあるので、各メーカーのホームページで確認する必要があります。

ブックマーク

はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加